HOME > 母乳の出が良くなるハーブティ

母乳の出が良くなるハーブティ

最近は市販の粉ミルクの質も上がってきていますから、母乳が出なくても赤ちゃんは元気に育ってくれますが、出来ればスキンシップのために、母乳で育てたいというお母さんも多いことでしょう。それに赤ちゃんも母乳を飲んだ方が胃腸にも負担をかけませんし、免疫力も付きやすいと言われます。母乳でアトピー予防できるといいますし、母乳は赤ちゃんのアレルギー予防にも良いようです。また母体にとっても、母乳を上げることで子宮収縮を促して、産後の母体回復を後押ししてくれることになります。しかしながら現代においてはダイエットやストレス、栄養不足などが原因で、十分な母乳が出ないお母さんもたくさんいらっしゃいます。そんなとき母乳の出が良くなるハーブティに頼ってみてはいかがでしょうか。母乳が出にくい原因は人それぞれですから、このハーブティを飲めば絶対に効くというものではありません。ここでは一般的に母乳の出を良くすると言われているハーブティを紹介したいと思います。まず母乳はお母さんの血液から作られることはご存じでしょう。ですから貧血気味で母乳が出ないという人は鉄分豊富なネトルというハーブティがおすすめです。特に出産時は大量の血液が失われますから、貧血気味というお母さんは多いはずです。ネトルは造血作用に優れ、昔から血を作るハーブと言われています。ネトルを摂取することで血液がたくさん作られれば、母乳もたくさん生成されるというわけです。しかしながら授乳期はネトルのハーブを摂取してはならないという意見があるのも事実です。こればかりは個人差があると思いますが、実際の摂取に当たっては副作用等に注意するようにしてください。それからフェンネルというハーブも女性ホルモンの分泌を活性化するとされ、母乳の出を良くすると言われています。女性ホルモンに働きかけて、バストアップにも効果があることから女性の間で密かに人気のあるハーブです。しかしながら多量の摂取は必要以上に女性ホルモンを増やしてしまいますし、フェンネルは子宮を刺激する恐れがあるので、妊娠中の摂取はしないように注意しましょう。また普段から生理痛がひどいという人はごぼう茶もおすすめです。生理痛に効くごぼう茶についてはこちらに書かれています。