HOME > ハーブティで花粉症を乗り切る

ハーブティで花粉症を乗り切る

花粉症に悩む患者は年々増え続け、今や日本人の5人に1人が花粉症と言われています。20代から30代にかけては花粉症になっている人は特に多く、3人に1人とも言われていますし、自分が花粉症だと認識していない人を含めると、その割合はもっと増えるのではないでしょうか。花粉症の認知度が上がり、今ではマスクをしたり、薬を飲んだり、対策をしている人も多いと思います。花粉症にはアロマが効くなんて言いますが、今年はハーブティで花粉症対策をしてみてはいかがでしょうか。花粉症に効くと言われるハーブティは色々ありますが、中でもネトルというハーブをおすすめしたいと思います。ネトル昔からアレルギー治療に用いられてきたハーブで、鼻づまりや目のかゆみなど、花粉症の諸症状緩和にも効くと言われています。実はネトルのトゲには炎症を引き起こすヒスタミンが含まれています。アレルギーの原因物質であるヒスタミンが含まれているのに、何故ネトルを摂取することでアレルギー症状が和らぐのか疑問に思われるかもしれません。これは一種の予防接種のようなもので、微量のヒスタミンが体内に入ることで、体内に免疫が出来ると言われています。しかもネトルの効能はそれだけではありません。ネトルにはβカロテンや葉酸、ビタミンCや鉄分、マグネシウム、フラボノイドなどの成分が豊富に含まれており、ネトルを摂取すると血液が作られたり、浄化されて綺麗になるそうです。アレルギーになりやすい人の血液は比較的IgE値が高いと言われていますが、ネトルの造血作用、血液の浄化作用によって、血中のIgE値が低下するため、花粉症にも有効とされているのでしょう。ネトルのハーブティは割と草っぽい風味がしますが、味の主張はそれ程強くないので、飲みやすいハーブだと思います。他のハーブとブレンドすると美味しく召し上がれると思います。